So-net無料ブログ作成

SHARPの乾坤一擲? Netwalker(PC-Z1) [mobile]

IMGP1969.jpg

 

ひさびさのSHARP謹製のデジタルガジェットを購入。

昔も昔の大昔「電子手帳といえばZAURUS」と言われた時代には年末には毎年手帳を買い換えるように新モデルのZAURUSを購入するのが恒例行事になっていました。今でこそケータイでは普通のことですが、同じ趣味の友と赤外線通信で名刺交換をするだけで「おお!」と感動するような時代です。しかしいつの間にかNewtonデバイスが露払いをし、Palmが王道を行き、Windows CEデバイスが脇を固めたメリケンPDA時代にはZAURUSという手帳を買い換えることもなくなりました。

「色の白いは七難隠す。」
そんな中、最後に買ったZAURUSUはSL-C700というモデル。ガジェットの引きとしてはかなりマンネリ化していたZAURUSですが、乾坤一擲「液晶のSHARP」を全面に押し出した名器がこのSL-C700でした。

液晶ディスプレイは「640×480ドット 65,536色 透過型システム液晶 3.7型(バックライト付き)」。カレンダーを12ヶ月表示にしたときに並ぶ数字の表示を見た瞬間、新しいデバイスの登場を確信させました。思えばSHARPが開発した識字性の高いフォントをLCフォントとして初めてリリースした機種でしたっけ。HPの200 LXの次世代たる「ちっちゃなコンピュータ」を実感させる一台でした。

と、同時にSL-C700はOSがZAURUSUオリジナルOSではなく、Linuxを採用したモデルでもありました(通称リナザウ)。

そんなわけで、高精細なディスプレイと、汎用OS、そして使えるキーボード。SL-C700の提案した新しいZAURUS象と、今回のNetwalkerの内容妙にダブるところがあるなぁ、と、懐かしく思いながらヨドバシでポチった次第。

(続くかな…)


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

natsumiちゃん

やあ、買ったんだね。
実はプリプロダクションモデル(私が触ったのは1stプロトの白)を触った限りでは、速度の面で「うーん」。ヒンジあたりのチリのツメの悪さで「うーむ」。両手持ちでタイピングしようとした時に相変わらず液晶ヘビイな重量バランスに「ぐむむ」ってな感じでした。重量バランスは仕方ないとして、製品版で上二つがどの程度改善されているかが興味あります。
引き続きレポートをよろ。
by natsumiちゃん (2009-09-21 15:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます